9/21(土)・9/22(日) ひとり親サポーター養成講座

日本のひとり親家庭の相対的貧困率は先進国で最悪となっており、ひとり親と子どもたちは様々な生きづらさを抱えています。
進みつつあるひとり親施策のもと行政や民間での支援者がひとり親家庭の状況を理解し、有効な支援を行い、また連携していくために、この養成講座を開催します。
ぜひご参加ください。

◆9月21日(土)

時間内容講師
9:45(開場9:30)オリエンテーション
10:00~12:00ひとり親家庭の現状と支援
母子福祉施策と子育て支援
赤石 千衣子
認定NPO法人しんぐるまざあず・ふぉーらむ 理事長 社会福祉士
13:00~14:00DV被害者への支援
DVやトラウマからの回復支援
西山 さつき
NPO法人 レジリエンス代表
15:10~17:00困難を抱える子どもへの支援
非専門職人材の活用と地域支援から見えてくるもの
荒井 祐介
NPO法人サンカクシャ代表理事

◆9月22日(日)

時間内容講師
9:45~11:45(開場9:30)日本のひとり親に関する法律手続き
離婚時の手続き、財産分与、養育費、面会交流、親権、非婚の出産と法手続について
斉藤 秀樹 弁護士
11:45~12:00ひとり親が語る「わたしたちの体験」ひとり親当事者
13:00~14:50ひとり親の支援
就労支援、ライフプラン、教育資金
丸山 裕代
認定NPO法人しんぐるまざあず・ふぉーらむ 理事 社会福祉士・産業カウンセラー
15:00~16:30相談事例検討認定NPO法人しんぐるまざあず・ふぉーらむ
16:30~17:00ふりかえり

●会場●
日本福祉教育専門校高田校舎
(JR高田馬場駅徒歩10分 地下鉄東西線高田馬場駅7番出口5分)
東京都豊島区高田3-6-15
マップはこちら

●定員●
60人 (託児はございません)

●参加費●
1日4000円、2日通し7000円
☆受講申込み後、9月13日(金)までにお振り込み下さい。
※9月21日(土) の夜、懇親会を予定しております。(会費 3500円)

●申込方法●
こちらのフォームからお申し込みください。
QRコードはこちら


※フォームがご使用になれない場合は、event@single-mama.comまで、
お名前、ふりがな、郵便番号、ご住所、お電話番号 ご所属、参加日(両日、9/21のみ、9/22のみ)懇親会参加の有無を明記の上お申込みください。

●懇親会●
9月21日(土)の夜、懇親会を予定しております。
会費 3500円(予定)

●申込締切●
2018年9月13日(金)

●振込先●
三菱東京UFJ銀行 高田馬場駅前支店(普)4536336 
特定非営利活動法人しんぐるまざあずふぉーらむ

●受講対象●
ひとり親支援にかかわる方。母子自立支援員・女性相談員、男女共同参画センターの相談員、生活困窮者自立支援に携わる方など公的機関の相談員、教員や学校現場の方、民間相談員、FP、ひとり親の子どもの支援にかかわる方、この問題に関心のある方、当事者も受講可能です。来年度しんぐるまざあず・ふぉーらむの電話相談員(週2回)、ファシリテーターを希望される方も受講してください。

主催 :認定NPO法人しんぐるまざあず・ふぉーらむ
厚生労働省令和元年ひとり親家庭等自立促進基盤事業補助事業

講師紹介

赤石 千衣子
非婚シングルマザー。NPO法人しんぐるまざあず・ふぉーらむ理事長。社会保障審議会ひとり親家庭の支援施策の在り方に関する専門委員会参加人。松戸市子どもの未来応援会議委員。母子自立支援員研修、ひとり親向けセミナー講師歴多数。社会福祉士。国家資格キャリアコンサルタント。著書に『ひとり親家庭』(岩波新書)、編著に『シングルマザー365日サポートブック』『教育費サポートブック』などがある。

西山 さつき
全国各地にて、DV・トラウマに関する講演、研修を年間多数行う。
デート DV 予防啓発活動にも力をいれ、中学、高校、大学にて年間約 50 校での講演を担当する。東京、横浜で は、DV・トラウマからの回復のための 12 回講座「こころの care 講座」の開催を 14 年間続けている。同講座 を全国に広めるファシリテーター養成研修も展開し、各地にて講座が開催されるようになっている。 共著に『傷ついたあなたへ』『傷ついたあなたへ2』(梨の木舎)、『DV はいま』(ミネルヴァ書房)

荒井 祐介
約 10 年前より、ホームレス支援や子どもの貧困問題に関わり始める。
中学 3 年生の学習支援に長く関わっていたが、高校進学後に、中退、妊娠出産、進路就職で躓く子達を多く見た ことから、1 人の子ども若者に長期的に寄り添う支援者の存在が必要と感じ、子ども若者支援者の人材育成を行 い、地域で子ども若者の孤立を防ぐために NPO 法人サンカクシャを立ち上げる。サンカクシャでは、孤立した 子ども若者へのアウトリーチから進路就職支援まで一貫して行う。

斉藤 秀樹
神奈川県弁護士会所属 一橋大学法学部卒 平成7年弁護士登録 日弁連・両性の平等に関する委員会委員、家事法制委員会委員。「子ども中心の面会交流」、「離婚後の共同親権 とは何か」(いずれも加除出版)Q&A 弁護士のための面会交流ハンドブック」(学陽書房)を共著。いわゆ る松戸事件(千葉家裁松戸支部が、父親提案の100日面会を評価して、長女と6年間別居していた父親を親権 者とした事件)の控訴審を担当した。

丸山 裕代
NPO 法人しんぐるまざあず・ふぉーらむ理事。離婚後にアルバイトから正社員まですべての雇用形態を経験。 携わった職種は20種類以上。仕事をしながら大学で心理学を学び、今までの経験を生かして企業の転職キャリ アカウンセラー、行政で離婚相談やひとり親相談や困難女性の支援などを行っている。社会福祉士・産業カウン セラー・キャリアコンサルタント。養育費相談支援センター運営委員。共著に「シングルマザー365 日サポート ブック」がある。

会場

日本福祉教育専門校高田校舎東京都豊島区高田3-6-15●高田馬場駅 10分(早足7分!)

申込み:こちらのフォームからお申し込みください。
QRコードはこちら


※フォームがご使用になれない場合は、event@single-mama.comまで、お名前、ふりがな、郵便番号、ご住所、お電話番号 ご所属、参加日(両日、9/21のみ、9/22のみ)託児の有無、懇親会参加の有無を明記の上お申込みください。
開催日時:2018年9月21日(土) 9:45~17:00
2018年9月22日(日) 9:45~17:00
開催場所:日本福祉教育専門校高田校舎
参加費:1日4000円、2日通し7000円
定員:60名
主催:認定NPO法人しんぐるまざあず・ふぉーらむ 
厚生労働省令和元年ひとり親家庭等自立促進基盤事業補助事業