しんぐるまざあず・ふぉーらむ

児童扶養手当Q&A

親兄弟姉妹と同居の場合は?

両親と三世帯住居を建てて同居しました。児童扶養手当の住所変更の申請をしに行ったところ、別世帯である証明のために、電気、ガスのメーターが両親と別かれている写真をもってこいと言われたのですが。

両親や兄弟と同居していて、住民票が別でも同一住所にすむ場合、同一生計とみなされ、例えばお父さんの収入が扶養義務者の所得制限を越えていると、児童扶養手当は支給されなくなります。ですから、別世帯で、独立して別の生計を営んでいるという証明をもってこいということでしょう。電気、ガスのメーターが別という写真ですむのなら、写真を提出してください。
別世帯である証明には、共有スペースがないこと、玄関が別であることなどを他に要件にしています。大変矛盾が大きいですが、別世帯であることの証明をしないと、扶養義務者の所得制限が適用されます。
’98 年の「改正」では、親・兄弟と同居の母子家庭は、経済的には他の母子家庭より余裕があると思われているようで、扶養義務者の所得制限を強化するなど削減の対象になりました。
なお、ガスメーターなどが一緒でも受給できたケースがありました。東京都内で、家賃や光熱費などを同居の親族の口座に振り込み、そのコピーを提出することによって生計を別にしているということが証明されたのです。ただし、東京都内の別の地域では、同じように家賃の振り込みのコピーや領収証などを提出しても認められず、異議申立てをしても結局認められなかったケースもありますので、必ずしもこの方法で児扶手の受給ができるとは言いきることはできません。

ホットライン電話相談

2018年版教育費サポートブック

クレジットカードで寄付ができるようになりました!

携帯サイトのご案内

よりそいホットライン
このページのトップへ