しんぐるまざあず・ふぉーらむ

メディアニュース

250億円ばらまき? 在宅就業支援事業の怪

[ 東京新聞 ] 2010年8月14日掲載

政府は「事業仕分け第3弾」の準備を本格化させるが、仕分け対象となっていも不思議でない事業がある。厚生労働省の「在宅就業支援」事業だ。母子家庭の母親らに在宅でデータ入力などができるよう訓練する内容で、250億円が予算措置されている。だが、この仕事は単価が安く、副業としても質が悪い。母子家庭団体からは「官製貧困ビジネス」といった皮肉すら聞こえる。


投稿日:2010年8月23日

ホットライン電話相談

2018年版教育費サポートブック

クレジットカードで寄付ができるようになりました!

携帯サイトのご案内

よりそいホットライン
このページのトップへ