しんぐるまざあず・ふぉーらむ

児童扶養手当Q&A

高等技能訓練促進費

シングルマザーが専門的な資格取得をする為の訓練受講期間中、生活費相当額を支給する制度です。

対象 母子家庭の母親
資格 看護師、介護福祉士、保育士、理学療法士、作業療法士など自治体が認めるもので、2年以上の就学期間があって資格取得するもの
給付 10万円(課税は7万5000円)
注意 平成24年度入学は、月額10万円(非課税世帯)、7万500円(課税世帯)で3年間を限度となりました。
平成23年度入学までの方は引き続き14万1000円(課税7万500円)で3年間です。
減額は残念ですが、延長となったのは私たちの団体の働きかけによるものです。

就職に有利な資格取得を目指す母子家庭の母の訓練受講中の生活の安定を図るため、2年以上養成機関で修業する場合に、就業期間の全期間、月額10万円を支給し、生活費の負担を軽減します。(ただし、前年度の所得が非課税の場合は10万円、課税の場合には7万500円に減額されます)。

対象資格は、看護師、介護福祉士、保育師、理学療法士、作業療法士等、資格取得後に当該職種への就労が見込まれる専門的な資格となっています。自治体によって資格の種類が違いますが、これまで、東京都府中市では鍼灸師の資格取得を認めた例があるなど、交渉の余地はあると思います。

入学金・授業料は母子福祉資金を借りる人が多いです。2つとも借りられない場合もあるようですので、事前に、自治体の母子福祉担当課に相談しましょう。

チャレンジしてみましょう。

厚生労働省:母子家庭自立支援給付金事業について

ホットライン電話相談

2016年版教育費サバイバル準備読本

クレジットカードで寄付ができるようになりました!

携帯サイトのご案内

よりそいホットライン
このページのトップへ